バイオテック

史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 倫理的に問題に

2021年4月19日(月)18時00分
松岡由希子
    ヒトとサルのハイブリッドの初期胚

    中国と米国の科学者が、サルの胚にヒト幹細胞を注入した......  (Weizhi Ji, Kunming University of Science and Technology)松岡由希子

    <米ソーク研究所と中国・昆明理工大学の共同研究チームは、サルとヒトとの遺伝子型の細胞が混在する「キメラ」の胚を培養し、受精から最長19日間、成長したことを明らかにした...... >

    サルの胚にヒトの幹細胞を注入して実験室で人工的に培養された、サルとヒトとの遺伝子型の細胞が混在する「キメラ」の胚が、受精から最長19日間、成長したことが明らかとなった。

    サル胚にヒト幹細胞が接着して胚盤が見えるまでに成長

    米ソーク研究所と中国・昆明理工大学の共同研究チームは、受精から6日経ったカニクイザルの初期胚盤胞132個にそれぞれヒト多能性幹細胞25個を注入し、経過を観察した。

    受精から10日後、そのうちの92.8%にあたる111個のサル胚にヒト幹細胞が接着して胚盤が見えるまでに成長したが、17日後にはその数が12個に減少し、19日後まで生存していたのは3個のキメラ胚のみであった。一連の研究成果は、2021年4月15日、学術雑誌「セル」で発表されている。

    さらに研究チームは、キメラ胚のゲノム解析を行い、ヒト胚やサル胚と比較した。その結果、キメラ胚の細胞には特有の遺伝子発現プロファイルがあり、キメラ胚で特異に強化された細胞シグナル伝達経路や、キメラ胚で特に豊富な新たな細胞シグナル伝達経路も確認された。キメラ胚の内部でヒトとサルの細胞間コミュニケーションが起こったためではないかとみられている。

    ソーク研究所では、この研究に先立ち、2017年1月、「ブタの胚にヒト多能性幹細胞を注入し、ブタとヒトのキメラ胚を作製した」との研究成果を発表したが、ヒト細胞のキメラ形成への寄与はわずかであった。ブタは、進化上、ヒトと遠い種であることが原因ではないかと考察されている。

    ●参考記事
    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

    「生物医学研究を前進させるうえで非常に有用だ」と研究者

    研究論文の責任著者でソーク研究所のホアン・カルロス・イズピスア・ベルモンテ教授は「キメラの研究は、生物医学研究を前進させるうえで非常に有用だ」と説く

    ヒトに近縁な非ヒト霊長類のカニクイザルを用いた今回の実験では、ヒト多能性幹細胞が、受精から19日後まで、サル胚の発達に組み込まれていた。また、キメラ胚の内部でヒトとサルの何らかの細胞間コミュニケーションがあることもわかった。研究チームは、一連の研究成果が「ヒトの細胞がどのように発達し、統合するのか」、「異種の細胞が互いにどのようにコミュニケーションするのか」を解明する手がかりになると期待している。また、ベルモンテ教授は、部分的にサル、部分的にヒトの胚で動物を作ろうとするつもりはなく、そのような種で人間の臓器を育てようとするつもりはない、と強調する。

    「ヒトとヒト以外のキメラというパンドラの箱を開けた」

    しかしながら、倫理上の観点から、今回の実験に懸念を表明する研究者も少なくない。米スタンフォード大学のヘンリー・グリーリー教授は、「新たな科学的可能性だけでなく、重要な倫理的問題をも生み出すものだ」との意見文を発表

    英オックスフォード大学のジュリアン・サヴレスキュー教授も、英国放送協会(BBC)の取材に「この研究は、ヒトとヒト以外のキメラというパンドラの箱を開けた」と語った。また、スペインのポンペウ・ファブラ大学の発生生物学者アルフォンソ・マルティネス・アリアス博士は、科学誌「ネイチャー」で「ブタやウシといった家畜を用いた実験のほうが有望であり、倫理的な問題が生じるリスクも少ない」と指摘している。

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

    • 3

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 6

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 7

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 8

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 9

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 5

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 6

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 4

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

    • 5

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 6

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 7

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 10

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像