アメリカ政治

元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し、アメリカの分断を煽る

2021年5月11日(火)18時52分
ウィリアム・サレタン
    チェイニー下院共和党会議議長とトランプ(2019年11月)

    下院共和党会議議長を務めるチェイニー(前列左端)の批判的な姿勢に、トランプは腹の虫が治まらない(2019年11月) MARK WILSON/GETTY IMAGES

    <前大統領は今もアメリカの信用をおとしめ続け、共和党も彼に批判的な幹部の追い落としを支持>

    米共和党が、リズ・チェイニー下院共和党会議議長を追い落とそうとしている。ドナルド・トランプ前大統領は昨年の大統領選での敗北を「不正」だと主張しているが、下院共和党で3番目に高い地位にあるチェイニーが彼の嘘を受け入れないためだ。

    共和党がチェイニーではなくトランプを選べば、真実より嘘を選んだというだけではない。それは、愛国心より隷属心を選んだことになる。トランプは「アメリカ第一」を掲げる一方で、国を分裂させ、信用を失墜させるために今も動き続けている。

    1月6日、トランプは大統領選での敗北を議会が認定するのを阻止しようと、支持者をたきつけて連邦議会議事堂に送り込んだ。暴徒化した支持者の試みは失敗に終わり、トランプは1月20日に任期満了で退任。だがそれ以降、トランプはインタビューや演説、文書などで十数回にわたり、昨年の大統領選は「不正」であり、「完全な詐欺」であり、「何千万もの偽の投票用紙」によって選挙が「盗まれた」などという真っ赤な嘘を支持者に向けて唱え続けている。

    こうした嘘をつくとき、トランプは反乱をあおり、政府への信頼を損ねるような表現を選ぶ。2月28日には、保守政治活動集会(CPAC)で、ジョー・バイデン現大統領は選挙に勝っていないと語った。

    民主主義を壊す具体的方法を提言

    「バイデンは勝ったか? いや違う」とトランプが言うと、支持者たちは「勝ったのはあなただ!」と連呼した。するとトランプは「勝ったのは『私たち』だ」とあおった。

    トランプは3週間後、自身の公式サイトへの「第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプの声明」と題する投稿で、「われわれは非合法的な選挙を行った」と主張した。4月12日には、米政府は「違憲である選挙で選ばれ、この国を破壊しようとしている急進左派の民主党員」によって掌握されていると記した。

    トランプは、アメリカの民主主義を破壊するための具体的な手段まで提言している。右派コメンテーターのリサ・ブースが3月22日に行ったインタビューでは、共和党の上院議員は「姿を見せない」ことで民主党の法案を阻止すべきだと提案した。

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

    2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

    人気ランキング

    • 1

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 2

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 3

      誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

    • 4

      気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

    • 5

      中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

    • 6

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

    • 7

      こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

    • 8

      自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

    • 9

      「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

    • 10

      仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

    • 3

      恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

    • 4

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

    • 5

      ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

    • 6

      福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

    • 7

      大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

    • 8

      パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

    • 9

      なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

    • 10

      女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

    • 1

      東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

    • 2

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

    • 5

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 6

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 7

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 8

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会