Newsweek

武邑光裕

欧州新首都:ベルリンから世界を読む

電気自動車への移行を加速させるドイツ──EV革命のリーダーは、ドイツと中国に絞られてきた

2021年04月06日(火)16時00分

    VWの主力EVであるID.3と大規模充電ステーション ©Volkswagen

    <EVでも世界を制覇する野望を抱いているドイツ。EVの急増、充電ステーションの整備と、ドイツの基幹産業は内燃エンジンから電気モーターへと急速にシフトにしている...... >

    プロフィール

    プロフィール

    武邑光裕

    メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

    本誌紹介

    特集:新章の日米同盟

    本誌 最新号

    特集:新章の日米同盟

    台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

    2021年5月18日号  5/11発売

    人気ランキング

    • 1

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 2

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

    • 3

      日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

    • 4

      天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

    • 5

      横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

    • 6

      東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

    • 7

      元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

    • 8

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 9

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

    • 10

      東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

    • 1

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

    • 6

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 7

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 8

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 9

      金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

    • 10

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 5

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 6

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 7

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 8

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像