Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

公立のバイリンガル小学校がベルリンには18もある、日本にも欲しい!

2020年07月03日(金)16時15分
トニー・ラズロ
    公立のバイリンガル小学校がベルリンには18もある、日本にも欲しい!

    INA PLAVANS/ISTOCK

    <公立なので低コスト。教育内容は普通の公立校と同じだが、代わり番こでフルに2言語を使う。日本とドイツは違うという意見もあるだろうが、日本にもこんな学校があれば面白い人材が育つのではないだろうか>

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
    ・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

    本誌紹介

    特集:バイデンのアメリカ

    本誌 最新号

    特集:バイデンのアメリカ

    就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

    2020年11月24日号  11/17発売

    人気ランキング

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      GoToは全廃が筋

    • 5

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 6

      欧州コロナ感染1500万人超に、フランス・ロシアが深…

    • 7

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 8

      トランプの娘イヴァンカも始めた、右派「検閲なし」S…

    • 9

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 10

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 3

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 4

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    • 5

      バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

    • 6

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 7

      新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

    • 8

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 9

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 10

      中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 5

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 6

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 7

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 8

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 9

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 10

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実