土屋大洋

サイバーセキュリティと国際政治

ファーウェイ問題の深淵:サイバースペースで前方展開する米国

2019年01月16日(水)15時40分
    ファーウェイ問題の深淵:サイバースペースで前方展開する米国

    Stringer-REUTERS

    <サイバーセキュリティでの「前方で防衛する」とは、悪意のあるサイバー活動をその発信源で妨害し、止めるということで、それが現在の米国防総省のサイバー戦略だ>

    プロフィール

    プロフィール

    土屋大洋

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 2

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

    • 5

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 6

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 7

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 8

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 9

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 6

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 7

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 8

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

    • 9

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 10

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像