Newsweek

土屋大洋

サイバーセキュリティと国際政治

阻止されたロシアによる選挙介入──攻勢に転じた米国サイバー軍

2019年03月19日(火)16時50分
    阻止されたロシアによる選挙介入──攻勢に転じた米国サイバー軍

    ネット世論工作部隊として知られるようになったインターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)があった建物 撮影:土屋大洋

    <ロシアが2018年米国中間選挙にも大規模な選挙介入を企て、それに対し米国サイバー軍が先制サイバー攻撃していたことがわかった。平時に日本でとりうる備えとしてどうしたことがありうるだろう......>

    プロフィール

    プロフィール

    土屋大洋

    慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 2

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 3

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 7

      南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

    • 8

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 9

      連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

    • 10

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 9

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 10

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由