Newsweek

内村コースケ

日本横断徒歩の旅 変革期の「無為自然な日常」を求めて

桜散る甲州街道 「俗界富士」が見える町へ

2019年05月09日(木)13時40分
    桜散る甲州街道 「俗界富士」が見える町へ

    撮影:内村コースケ

    第7回 梁川駅(山梨県大月市)→大月駅前
    <平成が終わり、東京オリンピックが開催される2019年から2020年にかけて、日本は変革期を迎える。名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

    プロフィール

    プロフィール

    内村コースケ

    1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

      • 1

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

      • 2

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 3

        韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

      • 4

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

      • 5

        【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

      • 6

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 7

        水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

      • 8

        サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

      • 9

        韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

      • 10

        9.11救助犬の英雄たちを忘れない

      • 1

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 2

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 3

        日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

      • 4

        ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

      • 5

        2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

      • 6

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

      • 7

        「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

      • 8

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 9

        「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

      • 10

        韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調