Newsweek

内村コースケ

日本横断徒歩の旅

武田の時代から現代までが混ざり合う甲府を歩く

2019年10月04日(金)15時00分
    武田の時代から現代までが混ざり合う甲府を歩く

    撮影:内村コースケ

    第12回 甲斐善光寺(甲府市) → 昭和町風土伝承館・杉浦醫院
    <平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎える。令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

    プロフィール

    プロフィール

    内村コースケ

    1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

    • 3

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 4

      世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

    • 5

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 6

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 7

      コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

    • 8

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 9

      警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

    • 10

      東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 9

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 10

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩