Newsweek

渡辺由佳里

ベストセラーからアメリカを読む

「ポスト真実」の21世紀でヒトはどう進化するのか?

2019年02月01日(金)16時20分
    「ポスト真実」の21世紀でヒトはどう進化するのか?

    現代ではフェイクニュースが大きな問題となっているがフィクションすべてが悪いというわけではない Carlo Allegri-REUTERS

    <『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリの最新刊は、今の世界と人類を考えるきっかけとして意義がある>

    プロフィール

    プロフィール

    渡辺由佳里

    Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
    アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

    • 7

      「日本越え」韓国経済の落とし穴

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

    • 3

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

    • 4

      これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

    • 5

      台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 8

      日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損…

    • 9

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 10

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 1

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由