Newsweek

渡辺由佳里

ベストセラーからアメリカを読む

【2020米大統領選】前回予備選で旋風を起こしたサンダースの意外な苦戦

2019年05月31日(金)15時30分
    【2020米大統領選】前回予備選で旋風を起こしたサンダースの意外な苦戦

    サンダース自身も現状には危機感を覚えている(ニューハンプシャー州での集会、筆者撮影)

    <2016年の民主党予備選でヒラリーと激しい戦いを繰り広げたサンダースだが、今回の予備選ではかつての支持者からも「過去の人」扱いに>

    2016年の大統領選では、ヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースが民主党の候補指名を争う予備選で激しい戦いを繰り広げた。この戦いは民主党首脳部に対する反乱に近い形にまで発展し、それぞれの熱心な支持者に苦い後味を残した。今でも「民主党のエスタブリッシュメント(上層部)がサンダースから予備選の勝利を奪った」と語るサンダースの支持者や、「サンダース支持者がヒラリーを悪者にしたことが本選での敗北につながった」と恨むクリントン支持者がいるほど傷は深い。

    2016年の予備選だけを見ると、クリントンが出馬していない2020年の大統領選では、サンダースは容易に民主党の指名候補になれそうなものだ。ところが、サンダースは2016年の予備選で楽勝した地元で意外にも苦戦している。

    サンダースは2007年からバーモント州選出の上院議員(無所属)を務めており、その前は下院議員、同州バーリントン市長を務めていた。バーモント州だけでなく、隣接する ニューハンプシャー州でも以前から知名度が高く、2016年の民主党の予備選では、バーモント州で85%以上、ニューハンプシャー州で60%以上の得票率でクリントンに勝った。

    ところが、5月20~22日にかけて行われた最新のニューハンプシャー州の世論調査では、ジョー・バイデン元副大統領が33%の支持でトップを走り、2位のサンダースは12%とかなり引き離されている。しかも、マサチューセッツ州選出の上院議員であるエリザベス・ウォーレンが11%、最近名前が知られるようになったインディアナ州サウスベンド市長のピート・ブーテジェッジとカリフォルニア州選出上院議員のカマラ・ハリスがどちらも7%で後を追っている。

    大統領選挙のサイクルで同時期である4年前の5月26日、サンダースはかつて自分が市長を努めたバーリントン市で公式な出馬表明の政治集会を行った。そのときには約5500人が集まったのだが、今年の5月25日に州都モントピリアで行われた集会には1500人程度しか集まらなかった。サンダース陣営は3200人が集まったと報じたが、地元の新聞は「市は3000人から5000人を予期していたが」「驚くほど迫力に欠ける約1000人の支持者」と書き、警察は「1500人以上ではない」と陣営の発表数を否定した。

    また、2015年5月27日にサンダースがニューハンプシャー州で行った3つのイベントには合計約1000人が集まったのだが、今年の5月28日にニューハンプシャー州で行ったイベントではそれよりやや少ない人数しか集まらなかった。前回の予備選の後半には、サンダースの集会は最大3万人の観衆を集めた。現在はまだ今回の予備選の前半だが、すでに知名度があってスター的な存在の大統領候補なら、もっと多くの人が集まるはずだ。

    筆者が参加したニューハンプシャー州ロンドンデリー市でのサンダースの集会に集まったのは約200人と報じられているが、50人ほどは報道関係者であり、実際の聴衆は150人程度だった。熱心な支持者も確かにいたが、多くの人はまだ支持する候補を決めておらず、他の候補の集会にも参加していた。

    プロフィール

    プロフィール

    渡辺由佳里

    Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
    アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 9

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 9

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン