Newsweek

渡瀬 裕哉

リバタリアン・マインド

バイデン政権初の対面首脳会談、菅総理は訪米前に既に勝利を手にしている

2021年04月02日(金)19時00分

    バイデン政権が進める「サプライチェーン見直し」は日本にとっては経済面・安全保障面のメリットが極めて大きい...... Eugene Hoshiko/REUTERS

    <日米首脳会談はバイデン外交の試金石として国内外のメディアに大きく注目されることになる。日本側は、日米首脳会談という機会を活かし、更に多くの果実を手に入れることを求めるべきである......>

    プロフィール

    プロフィール

    渡瀬 裕哉

    国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
    1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

    • 1

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 2

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 3

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

    • 4

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 5

      メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

    • 6

      アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

    • 7

      コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

    • 8

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 9

      ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

    • 10

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 1

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

    • 2

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 3

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 4

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 5

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 6

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

    • 7

      「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

    • 8

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 9

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 10

      ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 4

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 5

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 6

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 7

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コザに漂う、記憶のかけら