World Voice powerd by Newsweek

LA最先端「D2C・消費財」ビジネスの裏側

三木アリッサ|アメリカ

【岩手→NYへ!】高級シャンプー創業者に聞く、'ラグジュアリー' D2Cの未来とは?

ご挨拶:

初めまして。ロサンゼルスで和菓子D2C「Misaky Tokyo」を立ち上げた、三木アリッサと申します。2019年11月に立ち上げ、約1年。おかげさまで世界的セレブリティのキム・カーダシアンとコラボしたり、シュレックなどを手がける映画制作会社「ドリームワークス」の本社で販売したりするなど少しずつ実績をつけてきました。

アメリカで創業するにあたり、様々なD2C起業家・消費財創業者とお話しする機会が増えました。非常に勉強になることばかりだったので、これはみなさんにシェアすべきだと考え、NewsWeek Japanさんでコラムをいただくこととなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

----------

(書き手:木村美紀)

記念すべき初回は、ニューヨーク州に置く、ヘアケア・ラグジュアリーブランドにフォーカスを当てたい。2020年2月、コロナでニューヨーク州がパンデミックになる直前に創業された『Masami』。

このブランドを共同創業したのが、30年間数々の大手会社でキャリアを積んできたLynn Power (リン・パワー)だ。

これまで、ジレット・ヴィーナス(Gillette Venus)のグローバルマーケティングの立ち上げ、クリニーク (Clinique)グローバルセクション立ち上げ、ロレアス・ナチュラルマッチの立ち上げなど多くの象徴的な美容ブランドで大活躍し、世の女性・男性に「美」を提供していきた。

そんなLynnはなぜ30年間のキャリアから外れラグジュアリーブランドを創業したのか。そしてラグジュアリーブランドとしてのe-commerceやto C, toBの戦略、最後にブランドの、夢は何なのか。詳しく話を聞いてみた。

<アメリカでの海藻の常識を変えるラグジュアリーブランド『Masami』>

──『Masami』を立ち上げる以前、どのようなキャリアを歩んできましたか??

前職ではニューヨークに本社を置く旧J. Walter Thompson(現Wunderman)のCEOを勤め、『Masami』を立ちあげるまでの30年間、大手企業での広告とマーケティングを担当しました。そして、長年お客様のブランドを作ってきた私は、自分のブランドを作りこれまでのキャリアで培った全ての知識を適用したいと考え、『Masami』を立ち上げました。

── なかなかの思い切りですね。ところで『Masami』とはどういう意味でしょうか?

『Masami』の由来は、日本語で「正美」すなわち「ピュアな美しさ」です。共同創業者であるJamesのパートナーの名前からとりました。私たちのシャンプーやコンディショナーの原料であるメカブは、日本の岩手県大槌から取り寄せています。日本では海藻が健康にいいのは周知の事実で、多くの食品や美容品に海藻を使用しています。しかしアメリカでは、海藻の認知度が低く、美容品に含まれていることはほとんどありません。チャレンジングではありますが、アメリカの美容の流行を創ることができるのはないかと思いました。

── 確かにアメリカではアボカドやケールが美容食材として人気ですもんね。ちなみに、『Masami』のお客様はどなたでしょうか?

無添加や保湿などの美容効果にこだわったお客様が中心です。アメリカの市場は安くて手に入れやすい市販のシャンプーやコンディショナーがカテゴリーの主戦場です。一方『Masami』は300ml $38 (約4000円)とお手頃な価格ではありませんが、価格相当のクオリティーをお客様に提供しています。

1-62.jpg

Profile

著者プロフィール
三木アリッサ

Co-Founder CEO / Misaky.Tokyo

新LVMH創設を目指し'伝統×ラグジュアリー×世界進出'をテーマにロサンゼルスにて和菓子D2C「Misaky.Tokyo」など展開。シュレックを手がける'ドリームワークス'本社での販売他、トランプ大統領保有の高級ゴルフ倶楽部に30社程しか選ばれない公認ベンダーにも認定。Tiktokフォロワー10万人。Forbes Japan 地球で耀く女性100人最年少選抜(2018)/ Business Insider Japan Game Changer 2019

Twitter:@AlissaMiky

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ