World Voice powerd by Newsweek

パスタな国の人々

宮本さやか|イタリア

コロナ時代のイタリアスキー事情

チェルヴィーニャのスキー場山頂には、イタリアとスイスの国境がある。(写真:著者撮影)


私の住むトリノという街は、ピエモンテ州の州都でイタリア第4番目の都市で、1861年にイタリアが統一された時の最初の首都となった街だ。という話は今回のテーマとは何の関係もなくて、トリノはスキーをして遊ぶのに最高のポジションなのだ、それなのに今年、コロナ禍の影響で、スキーバカンスがピンチ、というのが今回のお話である。

11月29日の朝、起きてみると、スマホのニュースアラートに「スイスのスキー場へ行ってみた」というイタリア語の記事が表示されていた。読んでみると、今現在、イタリア、フランス、ドイツのヨーロッパアルプスを頂く国ではスキー場を閉鎖しているのに、スイスだけ抜け駆け(?)してオープンしているから、スイスの国境に接しているロンバルディア州から車でスキーに行ってみた、という記事だ。

それは聞き捨てならない。今、多くのイタリア人たちが、この冬休みにスキーへ行けるのかどうか、とても心配しているからだ。コロナウイルスの感染拡大で11月6日からイタリアの一部、ピエモンテ州やロンバルディア州でロックダウンが始まった。懸命に感染対策をした結果、随分感染状況は落ち着いてきた。ロックダウンなどの規制措置は12月3日には解除になりそうという予想がされてはいるものの、国境を越えるのはもちろん、州間の移動の禁止はまだ続くから、スキーバカンスはもうしばらくお預け、というのが現在有力な予想だ。11月27日のANSA通信の報道でも「スキー場がオープンするのはクリスマスあとのことになる、という政府の見解」とある。

Profile

著者プロフィール
宮本さやか

1996年よりイタリア・トリノ在住フードライター・料理家。イタリアと日本の食を取り巻く情報や文化を、「普通の人」の視点から発信。ブログ「ピエモンテのしあわせマダミン2」でのコロナ現地ルポは大好評を博した。現在は同ブログにて「トリノよいとこ一度はおいで」など連載中。

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ