World Voice powerd by Newsweek

日々のSDGsと多様性 - ポートランド・コーディネーター手帳

山本彌生|アメリカ

今のまちづくりに必須!『4つの要素と最大のカギ』とは。日本から注目のポートランド州大プログラム

ダウンタウンに広がるポートランド州立大学のキャンパス。最新のエコビルの真下を路面電車が通り、キャンパス内には何か所もの乗降停がある。公共交通網の発達が、学生のみならず一般市民もがダウンタウン地区に住居を求める要因の一つとなっている。Photo | Portland State

| なにもない町から、注目のまちへの変容

『うわっ、なんだか辺ぴな所...。』1980年代、がらんとしたポートランド空港に留学生として降り立った私。ホストファミリーの車の窓に顔をくっつけて高速沿いを見ても、どこもかしこも緑と茶色のものばかり。

(「これからの4年間必死に勉強するしかなさそうな町。なんたって、1ドル290円代だし。」と唇をとがらせました。)

そんな数日後、ダウンタウンにあるポートランド州立大学を見学に行くという、医師でもあるホストマザーの声に心が躍ります。「アメリカの大学!キャンパスライフ!」

大きなアメ車に乗り込んだ途端、後部座席の私を振り返って一言。「ダウンタウンはね、州立大学とオフィスビル、そして小さなデパート2件ぐらいしかないのよ。レストランもあまりないから、ランチは家の近くまで戻ってからね。」えっ?ダウンタウンって、繁華街で買い物やカフェがある地域じゃないの?

でも到着してみて、直ぐ納得したのです。高層ビルは一つだけ、あとは古ぼけた中層階ビルばかりの町並み。ビジネス街として機能している割には、あまりにも閑散としています。それ以前に、大学周辺でさえあまり人が歩いていない!あまりにもさびれている区域に、愕然としたのを覚えています。

それから、約40年~

時代と共に近代化をしながら、それ以上に町として成長を遂げたポートランドのダウンタウン。歩きやすい町へと開発され、多彩な店舗が軒を連ねます。特に、オーガニックレストラン、サードウェーブコーヒー、クラフトビールといった食の分野では米国でもトップクラスの功績です。州立大学の脇に出るファーマーズマーケットは規模が大きく、地元産の生鮮食品、ワイン、はちみつ等が特色ある彩を添えています。このような地域環境の変化に伴って、ダウンタウン地域を好んで住む市民も年々増えました。

IMG_0524 (7).JPG大学脇ファーマーズマーケット。近郊で採れるオーガニック生鮮品から焼き菓子まで、食に関する店舗が所せましと並ぶ。フレンドリーな店主が、料理方法を親切に教えてくれるのもポートランドならでは。©2021PDXCOORDINATOR,LLC

| 今、日本で注目を集める『独自のまちづくりプログラム』とは?

さて、そんな町の変化を傍観するように、ポートランド州立大学は昔のままの面影を残しながら、新しい形相(けいそう)を加えて今も広がっています。最先端のエコビルの真下を路面電車が走る光景にも目が奪われる、新旧が融合したキャンパスです。

その大学に、独自のまちづくり学習で大きな注目を集めている「まちづくり人材育成プログラム」略称 JaLoGoMa*『ジャロゴマ』があります。

しかも、アメリカの大学でありながら、日本語でまちづくりを学べるというのですから驚きです!

〚* Japanese Local Governance and Management Program |コロナの影響により、今年は夏と冬2回のオンライン開催。〛

まちづくりと言えば、数年前から現在にかけポートランドの町には大きな変化が起こっています。

そして、このコロナ禍。今年のJaLoGoMaのプログラムは、いったいどのような内容を教えているのか。そこがとても気になった私です。

という訳で、長年の友人でもありプログラムを主催、教鞭をとっている西芝雅美教授に『日本のまちづくりへのポイント』について、根掘り葉掘りお伺いしました。

今のまちづくりに『不可欠なポイント』とは...

Profile

著者プロフィール
山本彌生

企画プロジェクト&視察コーディネーション会社PDX COORDINATOR代表。東京都出身。米国留学後、外資系証券会社等を経てNYと東京にNPOを設立。2002年に当社起業。メディア・ビジネス・行政・学術・通訳の5分野を循環させる「独自のビジネスモデル」を構築。ビジネスを超えた "持続可能な" 関係作りに重きを置いている。日系メディア上のポートランド撮影は当社制作が多く、また業務提携先は多岐にわたる。

Facebook:Yayoi O. Yamamoto

Instagram:PDX_Coordinator

協働著作『プレイス・ブランディング』(有斐閣)

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ