Newsweek

印南敦史

1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。ベストセラーとなった『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。新刊は、『書評の仕事』(ワニブックス)。2020年6月、日本一ネットにより「書評執筆本数日本一」に認定された。

BOOKS

「息子は若く見えるし、若い女性なら孫を2人は産めるから」代理婚活に励む親たち

BOOKS

暴力団は残るも地獄、辞めるも地獄。一般人はそれを「自分には関係ない」と言えるか

BOOKS

銃社会アメリカの「スキルの低い警官」と警察内人事制度の関係

BOOKS

「4K」で高齢化のトラック業界を、輸送需要の急減と宅配需要の急増が襲っている

BOOKS

「売れないと困るんですよ。だって、なんでもない人じゃないですか」元・出版翻訳家が記すトンデモ編集者と業界の闇

BOOKS

文字に色を感じる「共感覚」の女性はどんな半生を生きてきたのか

BOOKS

多様化する引きこもり 9割がコンビニOK、20年働いた後に引きこもる人も

BOOKS

攻撃的な自分の上司が、ネット炎上の参加者かもしれないこれだけの理由

BOOKS

「食事は食パンとキムチと水だけ」バイトにもありつけない韓国の若者たち

BOOKS

SNSの3つの特徴は「バカの先験的条件」なのかもしれない

BOOKS

1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をクビになった60歳男性

BOOKS

相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の姿勢

BOOKS

死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理由を彼らはこう言う

BOOKS

沖縄は日本で最も自尊心の低い地域、とこの本の著者は言う

BOOKS

「有罪判決を受ける理由は...おまえが黒人だから」冤罪で死刑囚となった黒人の物語

BOOKS

福島第一原発事故は、まだ終わっていない

BOOKS

「私の20年を返してほしい」53歳ひきこもり女性──8050問題をめぐる家族の事情

BOOKS

ネットの「送料無料」表記に「存在を消されたようだ」と悲しむ人たちがいる

BOOKS

「しつけか虐待か?」が不毛な議論である理由

BOOKS

性風俗で働く地方都市シングルマザーの意外な実態