Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

「働き方改革」のウラで進む「時短ハラスメント(ジタハラ)」の実態

2018年06月05日(火)14時00分
    「働き方改革」のウラで進む「時短ハラスメント(ジタハラ)」の実態

    時間の制約を受けずに働くほうがいいこともある z_wei-iStock.

    <現場を知らない管理者が押し付ける時短は能力も成果も潰すハラスメントになる>

    安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける「働き方改革法案」が5月31日、ついに衆議院本会議で可決しました。

    「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の問題で野党は徹底抗戦を仕掛けましたが、別の場所でも複雑な思いでこの法案可決を見つめていた方々がいるはずです。仕事好きで、達成意欲が高い人たちがその最たるものでしょう。

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    本誌 最新号

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    2018年10月23日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 3

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 6

      トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

    • 7

      中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

    • 8

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 9

      故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

    • 10

      新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

    • 3

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 7

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 8

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 5

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 6

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 7

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 8

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい