Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

「フラリーマン」の取扱説明書

2019年07月18日(木)16時45分
    「フラリーマン」の取扱説明書

    これだから早く帰りたくないんだ Yagi-Studio-iStock.

    <働き方改革で長時間労働が是正された結果、退勤後もすぐに家に帰らずひたすら時間を浪費する「フラリーマン」が増えている。彼らをやる気にさせるコツは>

    「私の夫がフラリーマンだったら最悪。退社後フラフラして帰ってきたら、ボロクソに言う」

    ある主婦からこのように言われ、私はこうアドバイスしました。「頭ごなしに言うのは、絶対によくありません」と。

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 4

        K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

      • 5

        陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

      • 6

        奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

      • 7

        再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

      • 8

        『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

      • 9

        【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

      • 10

        地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

      • 1

        コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

      • 2

        中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

      • 3

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 4

        中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

      • 5

        韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

      • 6

        ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

      • 7

        宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

      • 8

        アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

      • 9

        戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

      • 10

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る