Newsweek

楊海英

ユーラシアウォッチ

中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消えていった

2019年10月28日(月)16時05分
    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消えていった

    国会議事堂や首相官邸の目の前で「スパイ」が暗躍している THOMAS PETER-REUTERS

    <北海道大学教授が中国で拘束されたと報じられているが、日本政府に救出への積極姿勢は見られない。日本は「スパイ天国」。中国があざ笑っている>

    プロフィール

    プロフィール

    楊海英

    (Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

    • 3

      やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

    • 4

      どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

    • 5

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 6

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 7

      「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

    • 8

      ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

    • 9

      東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

    • 10

      アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 10

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 9

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 10

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場