Newsweek

湯川鶴章

AI時代の最重要スキルは「自分とつながること」──『人生の目的の見つけ方』に学ぶこれからの生き方

湯川鶴章

薬を使わないデジタル療法で教育・医療にアプローチ AIが人間を進化させる未来とは

湯川鶴章

瞑想アプリからブレインインターフェイスまで、投資家が選ぶTransTech製品ベスト4

湯川鶴章

脳への刺激で運動能力を高めるヘッドホン、Halo Sport

湯川鶴章

脳神経を制する者は身体を制す、ニューロモジュレーションの現状と未来

湯川鶴章

人類の意識進化を促進。脳への直接刺激技術にブレークスルー、10年以内の実用化目指す=TransTech2019から

湯川鶴章

量子コンピューターでの偉業達成を誇るGoogle、それを認めないIBM

湯川鶴章

「AI大国、中国脅威論」の5つの誤解 米戦略国際問題研究所のパネル討論会から

湯川鶴章

「シリコンバレーの太陽」とまで称された「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に対する海外の評価を集めてみた

湯川鶴章

高野山で初のAIセミナー=人工知能は空海の知を蘇らせることができるか

湯川鶴章

英ディープマインド社のAIは、社会課題の解決に適さない!?

湯川鶴章

AIが作った香水、ブラジルで発売

湯川鶴章

AIが医師より48時間早く急性腎障害を検知=グーグル傘下のディープマインド

湯川鶴章

iPhoneの次を狙え!Appleが高機能スマートグラスの特許を申請

湯川鶴章

ロボット×AIの領域がブルーオーシャンである理由

湯川鶴章

日本はもはやロボット大国ではない!?論文数で7位に転落

湯川鶴章

AI時代にGAFAへの一極集中はありえない

湯川鶴章

AIを利用した創薬、新素材開発の時代がやってきた

湯川鶴章

日本人には瞑想よりもマインド風呂ネスがいい(TransTech Conferenceより最終回)

湯川鶴章

テクノロジーで瞑想を不要に TransTech Conferenceから

プロフィール

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。