Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

「東京がアジアのイノベーションハブになる」中国人ビジネスマンが東京で起業した理由

2018年12月17日(月)16時00分
    「東京がアジアのイノベーションハブになる」中国人ビジネスマンが東京で起業した理由

    日本の起業環境は最高、と言う董路(ドン・ルー)氏 (筆者撮影)

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

    • 4

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 5

      【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

    • 6

      米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

    • 7

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 8

      【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

    • 9

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 10

      ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…