Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

AIを利用した創薬、新素材開発の時代がやってきた

2019年04月04日(木)13時26分
    AIを利用した創薬、新素材開発の時代がやってきた

    全自動実験装置を開発した米Kebotix社CEOの Jill Becker (筆者撮影)

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 2

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 6

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 7

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 8

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 9

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 10

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 8

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実