Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

AI時代にGAFAへの一極集中はありえない

2019年05月15日(水)17時45分
    AI時代にGAFAへの一極集中はありえない

    GAFAの一人勝ちは、AIと人間が互いに高め合う時代には通用しない? metamorworks-iStock

    エクサウィザーズ AI新聞から転載

    最近ビジネス誌などで「GAFA」という言葉をよく見かけるようになってきた。Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字を取ってGAFA。経済、社会のあらゆる局面で影響力を増しつつある米国の巨大テクノロジー企業群を指す言葉だ。「このままでは世界中の経済がGAFAに飲み込まれる」という論調が増える中で、産業技術総合技術研究所人工知能研究センター(AIRC)センター長である辻井潤一氏は、「GAFAの利益追求型モデルは限界に差し掛かっている」と指摘する。これからのAIの進化の方向について同氏に詳しく聞いてみた。

                  ***

    ──GAFAの脅威が注目されるようになってきましたが。

    辻井 今後AIは、医療や介護、都市計画など、社会のあらゆる領域で広く使わるようになっていきます。そうした領域のデータの全てを、GAFAが持っているわけではありません。医療だと医療機関が持っていますし、製造業だと製造業が持っています。都市計画なら政府機関が持っている。

    製造業にはGEやトヨタなどといった大きな会社もあります。GAFAがすべてのデータを吸収できるとは思えません。

    ──確かにGAFAが大量のデータを持っているといっても、ネットやモバイルを通じた消費者の消費行動に関するデータが中心ですよね。それ以外の領域のデータはほとんど持っていない。でもAIの優位性をてこに、製造業などを支配下に収めていくというシナリオは考えられないでしょうか? GAFAではないですがIT系の起業家だったイーロン・マスク氏はテスラで自動車産業に参入しましたし、GAFAも自動走行車やロボットのベンチャー企業を買収したり、研究開発を進めているようです。AIが既存技術を取り込んでいくということはないでしょうか?

    辻井 GAFAも自動走行車やロボットの領域でいろいろとやってるみたいですが、最近では買収した企業を手放したりもしていますね。

    ──やっぱり製造業には細かなノウハウがたくさんあって、優れたAIを持っているからといって、一朝一夕に簡単には真似できないのかもしれませんね。

    辻井 そうですね。既存業界のドメイン知識って、思った以上に重要なんだと思います。やはりこれからのAI化って、AIのデータサイエンスと物理的な既存技術とが絡み合って共に進化していくのではないかと思います。GAFAを中心とした利益追求型のアメリカの経済モデルも、過渡期に入ってきたということなのではないでしょうか。

    AIの進化は米中欧の3極化

    ──そうなんですね。ではどのようなモデルが今後は有効だと思いますか?

    辻井 まずは今ある世界のモデルを見ていきましょう。アメリカは、GAFAを中心とした利益追求型モデルです。でもこれからAIが社会の隅々にまで浸透して行きます。医療や介護、都市計画にまでAIが使われるようになる。そうなると利益追求型のモデルでは限界があります。

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実