Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

AIはどこまで進んだか?──AI関連10の有望技術と市場成熟度予測

2017年03月02日(木)15時20分
AIはどこまで進んだか?──AI関連10の有望技術と市場成熟度予測

AIを搭載した韓国SKテレコム製のサービスロボット(2月28日、スペインのバルセロナで開催された国際見本市)Paul Hanna-REUTERS

<米ハイテクリサーチ会社フォレスターの報告書から、AI技術の有望分野と現状、成長ポテンシャルを筆者が解説>

Forrester Research, Inc. January 18, 2017

プロフィール

プロフィール

湯川鶴章

ITジャーナリスト。
新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

本誌 最新号

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

2017年9月26日号  9/20発売

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 3

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならない理由

  • 4

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 5

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 8

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    北朝鮮に安保理の制裁決議の影響 燃料価格が高騰

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい