Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

2019年11月14日(木)19時10分
    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸せなことか

    中国の景気が失速しても日本への「買い物客」は増えている TOMOHIRO OHSUMI/GETTY IMAGES

    米中貿易戦争の影響で中国経済が失速しているが、日本にやって来る中国人観光客の勢いは衰えていない。訪日外国人のうち3割弱を占める彼らの人数は、今年に入ってからも前年同月比で10%以上の増加が続いている。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

    • 3

      やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

    • 4

      どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

    • 5

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 6

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 7

      「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

    • 8

      ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

    • 9

      東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

    • 10

      アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

    • 1

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 10

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 9

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 10

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場