Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

「バイデン大統領」の誕生で、最も得する日本企業はどこ?

2020年11月18日(水)12時08分
    「バイデン大統領」の誕生で、最も得する日本企業はどこ?

    JIM BOURGーREUTERS

    <自由貿易体制への回帰、格差是正、脱炭素といった経済政策の転換により、ビジネス環境も大きく変化する>

    アメリカ大統領選でジョー・バイデン氏の勝利がほぼ確実となった。ドナルド・トランプ氏が敗北を認めないという異常事態が続いているが、諸外国もバイデン氏を次期大統領として認めるなど、政治空白は避けられそうな状況だ。バイデン政権の誕生で日本経済がどのような影響を受けるのか考えてみたい。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    本誌紹介

    特集:新章の日米同盟

    本誌 最新号

    特集:新章の日米同盟

    台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

    2021年5月18日号  5/11発売

    人気ランキング

    • 1

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

    • 4

      東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

    • 5

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 6

      日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

    • 7

      日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

    • 8

      台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

    • 9

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 10

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 1

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 2

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

    • 5

      ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

    • 6

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 7

      プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

    • 8

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 9

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 10

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

    • 4

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

    • 5

      メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

    • 6

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 7

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 8

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】1979年、レズビアンたちの肖像