Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか

2019年10月09日(水)18時30分
    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか

    10月8日に再開された『表現の不自由展・その後』 ANN NEWS-YouTube

    動画撮影は禁止、SNSでの拡散は防止

    [ロンドン発]国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示が8日、再開されました。14日の会期末まで1週間を切っているものの、「芸術の自由」や「表現の自由」を何とか保ったというメッセージを世界に発信できて良かったと思います。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

      • 7

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 8

        どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

      • 9

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由