Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

2019年05月15日(水)16時25分
    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

    ペルシャ湾に派遣されたB-52戦略爆撃機(資料) U.S. Air Force-REUTERS

    アメリカはほとんど言いがかりに近い「イランの脅威」を強調して圧力を強めている。それは「フセイン政権が大量破壊兵器を持っている」という虚偽の情報に基づいて進められたイラク侵攻(2003)を想起させる。イラク侵攻はアメリカへの国際的信頼を失墜させ、「イスラーム国」(IS)台頭のきっかけになったが、イランを攻撃することはそれ以上のリスクを秘めている。

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    本誌 最新号

    特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

    ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

    2020年1月21日号  1/15発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

    • 4

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 5

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 6

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 7

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 8

      日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

    • 9

      台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

    • 2

      最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

    • 3

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

    • 4

      イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

    • 5

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 6

      日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

    • 7

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 10

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 1

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 2

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 3

      韓国の自動車が危ない?

    • 4

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 7

      3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

    • 8

      中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常