Newsweek

野口旭

ケイザイを読み解く

ピケティはマルクスを超えられるか──映画『21世紀の資本』を考察する

2020年07月13日(月)18時50分
    ピケティはマルクスを超えられるか──映画『21世紀の資本』を考察する

    ピケティが自らの主著を映画化したその意図は何だったのか (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

    <ピケティの最終的な目的は、明らかに政策実現にあった。この映画は、ピケティ主義の啓蒙的宣教のための手段であり、ある種のプロパガンダである...>

    プロフィール

    プロフィール

    野口旭

    1958年生まれ。東京大学経済学部卒業。
    同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。専修大学助教授等を経て、1997年から専修大学経済学部教授。専門は国際経済、マクロ経済、経済政策。『エコノミストたちの歪んだ水晶玉』(東洋経済新報社)、『グローバル経済を学ぶ』(ちくま新書)、『経済政策形成の研究』(編著、ナカニシヤ出版)、『世界は危機を克服する―ケインズ主義2.0』(東洋経済新報社)、『アベノミクスが変えた日本経済』 (ちくま新書)、など著書多数。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

      • 1

        バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

      • 2

        アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

      • 3

        全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

      • 4

        バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

      • 5

        米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

      • 6

        議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

      • 7

        去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

      • 8

        共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

      • 9

        未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

      • 10

        マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

      • 1

        「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

      • 2

        新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

      • 3

        バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

      • 4

        マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

      • 5

        世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

      • 6

        ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

      • 7

        アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

      • 8

        北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

      • 9

        全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

      • 10

        無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶