Newsweek

小幡 績

転機の日本経済

この株価暴落はブラックマンデー2.0だ

2018年02月07日(水)07時47分
    この株価暴落はブラックマンデー2.0だ

    歴史的な株価暴落の後、2月6日のNY株は反発したが Brendan McDermid-REUTERS

    <「米景気好調による長期金利の上昇が原因のいい下落」という先週末の解説は誤りだった。ダウは2万ドルの下値を目指す>

    ブラックマンデー2.0だ。

    プロフィール

    プロフィール

    小幡 績

    1967年千葉県生まれ。
    1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:交渉の達人 金正恩

    本誌 最新号

    特集:交渉の達人 金正恩

    未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

    2018年5月29日号  5/22発売

    人気ランキング

    • 1

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 2

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

    • 3

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

    • 4

      「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

    • 5

      米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

    • 6

      金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

    • 7

      トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

    • 8

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

    • 9

      米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

    • 10

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 3

      結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

    • 4

      韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

    • 7

      「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

    • 8

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 9

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 10

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 4

      左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

    • 9

      14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

    • 10

      「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい