Newsweek

大谷和利

魅惑するプロダクツ

アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

2018年03月07日(水)16時30分
    アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

    2月9日に発売されたアップルHomePod Shannon Stapleton-REUTERS

    このコラムでは、以前に、日本では発売前のスマートスピーカーを採り上げたことがあった。スマートスピーカーとは、アマゾンのAlexa、グーグルのGoogle Assistant、アップルのSIriといったAIアシスタントをサポートした、インテリジェントなスピーカー製品のことを指す。

    他のことをしながらでも利用できる

    これまで電子機器は、ユーザーとのコミュニケーションにおいて画面を重視し、パーソナルコンピュータはもちろん、スマートフォンやタブレットでも、新型が出るたびにスクリーンの解像度が高くなり、発色も良くするといった競争を繰り広げてきた。

    ところが、ここにきて、ディスプレイを持たず声だけで情報のやり取りを行うデバイスが注目されているのは何故だろうか?

    それは、声によるコミュニケーションが人間にとって非常に自然なものであり、料理や読書、テレビ視聴、ドライブなど、他のことをしながらでも利用できる情報処理のやり方だからである。

    たとえば、タッチ式のスマートデバイスは高齢者の間でも普及しつつあるが、タップができてもスワイプやドラッグ操作は苦手という人も少なくない。簡単に思えても、普段の生活の中で馴染みのない操作を覚えるのは、それなりに大変なのである。

    これに対して、声で指示を出したり、ものを尋ねたりすることは、誰でも日常的に行っている。つまり、スマートフォンやタブレットの天気予報アプリやニュースアプリをうまく使うことができない人でも、スマートスピーカーにならば、普通に「今日の天気は?」とか「ニュースを聞かせて」と訊くだけで、目的を果たせるのである。

    「アレクサ」が呼びかけやすい

    もちろん、質問の前にスマートスピーカーに呼びかける必要があるが、これは家族の誰かに声をかけて天候や今日のトップニュースなどを訊くのと同じようなものだ。最初は気恥ずかしいかもしれないが、慣れればペット相手に何かをつぶやくのと、さほど変わらない感覚になる。

    プロフィール

    プロフィール

    大谷和利

    テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:台湾の力量

    本誌 最新号

    特集:台湾の力量

    コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

    2020年7月21日号  7/14発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

      • 5

        生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

      • 6

        24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

      • 7

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 8

        「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

      • 9

        どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

      • 10

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 4

        中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

      • 5

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 6

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 7

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 8

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 9

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 10

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由