Newsweek

冷泉彰彦

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

トランプのロシア疑惑、捜査「終結」の意味

2019年03月26日(火)10時40分
    トランプのロシア疑惑、捜査「終結」の意味

    トランプはロシア疑惑の捜査に関して「勝利宣言」をしたが Carlos Barria-REUTERS

    <ムラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査で、トランプ選対とロシアの共謀は認定されなかったが、トランプへの疑惑が完全に晴れたとは言い難い>

    米時間3月24日(日)、ウィリアム・バー司法長官は、トランプ大統領とその周囲に関する「ロシア疑惑」について、ムラー特別検察官による捜査が終結したとして、その要点を議会へ向けた書簡として公表しました。

    プロフィール

    プロフィール

    冷泉彰彦

    (れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

    最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

      • 1

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

      • 2

        文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

      • 3

        GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

      • 4

        香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

      • 5

        アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

      • 6

        200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

      • 7

        中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

      • 8

        ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

      • 9

        北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

      • 10

        母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

      • 1

        韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

      • 2

        マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

      • 3

        「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

      • 4

        意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

      • 5

        インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

      • 6

        「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

      • 7

        中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

      • 8

        ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

      • 9

        ラグビー場に旭日旗はいらない

      • 10

        性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年