Newsweek

ロッシェル・カップ

TEDで学ぶLive English

「落書き」は脳を刺激する良い習慣/Disconnect between(ずれがある)

2017年04月17日(月)11時11分
    「落書き」は脳を刺激する良い習慣/Disconnect between(ずれがある)

    www.ted.comより

    【今週のTED Talk動画】
    Doodlers, unite!
    https://www.ted.com/talks/sunni_brown

    登壇者:サニー・ブラウン

    落書き/いたずら書きは、良くないことだと思われている。このTEDトークのはじめに、doodleという言葉が歴史的にもっている否定的なニュアンスについて述べられている(考えてみると、doodleの日本語訳である「落書き」「いたずら書き」もネガティブな雰囲気を持っている)。

    その後、ビジュアル思考と情報デサインを専門とするコンサルタントのサニー・ブラウン氏が、この考え方が誤りであることを立証し、落書きの位置付けを変えようとする。情報を言葉で聞いている時に落書きをする人は、しない人と比べて、より多くの情報を覚えていることが明らかになっている。一般に、落書きは集中できなくなった時に取る行動だと思われているが、実は集中を維持するための行動なのである。

    【参考記事】「思いついたアイデアはメモすべし」には理由がある

    キーフレーズ解説

    Disconnect between
    ~のずれがある
    (動画0:39より)

    何か一致すべきことや連携を持つべきものの間にそれが欠落している場合、この表現が利用されます。「関連する」や「つながる」の意味を持つconnectの前に否定を示すdisが付けられています。ブラウン氏は、落書きに対する世の中の考え方と落書きの実態の間にdisconnectがあると述べています。

    この表現を用いた例をいくつかご紹介します:

    ●There is a disconnect between how the Washington D.C. establishment views Ronald Reagan and how the rest of the country perceives him.
    (ワシントンDCのエリートたちのロナルド・レーガンに対する見方と、その他の一般国民の彼に対する見方にはずれがある)

    ●In America today there is a disconnect between how people in rural areas and urban areas view things.
    (今日のアメリカでは、地方の人々のものの見方と都会の人々のものの見方の間にずれがある)

    ●In a recent video popular on social media, there was a disconnect between the appearance of the train station worker and how his voice sounded.
    (ソーシャルメディアで最近人気のあったビデオでは、駅員の外見と声との間にギャップがあった)

    【参考記事】良い人生とは何か、ハーバード75年間の研究の成果/wildest dreams(無謀な夢)

    プロフィール

    プロフィール

    ロッシェル・カップ

    Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

    • 4

      「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

    • 5

      「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

    • 6

      「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

    • 7

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何…

    • 8

      欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

    • 9

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 10

      ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大…

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 6

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

    • 9

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 6

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    • 9

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい