Newsweek

インタビュー

必ず「寝落ち」できる物語──異色の短編作家が紡ぐ5分で眠くなるストーリーの秘密とは

2018年07月27日(金)17時15分
ローラ・ベネット

    WWW.PHOEBE-SMITH.COM

    [2018年7月10日号掲載]

    <リスナーを自然な眠りに誘う人気作家フィービー・スミスが語った、5分で眠くなるアプリ向けストーリーを書く秘訣>

    目が冴えて眠れない。寝返りを打っても、羊を数えても、一度明かりをつけてストレッチをしてもダメ──。そんな状況に陥ったある晩、筆者は「眠りを誘う物語」を聴いてみることにした。リスナーを自然な眠りに誘うことを目的とした短編を集めたアプリが存在するのだ。

    疑い半分で聴き始めた筆者が、その抜群の効果を認識したのは翌朝目覚めたとき。イライラするほどではない程よい退屈さのおかげで、最後まで聴き終わる前に眠りに落ちていたのだ。

    物語の舞台は列車であることが多い。車輪音のリズムや外の木の葉の色などの些細な事柄が、ひどく細かく説明される。

    フィービー・スミスは、このアプリ「カーム」の専属スリープ・ストーリーテラーという肩書を持つ。カームは昨年アップストアで「アプリ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた人気アプリで、眠りを誘う物語のほか、瞑想用の物語なども数多く収められている。

    スミスは、カームでもトップクラスの人気作品を執筆してきた。例えば、南仏のラベンダー畑を舞台にした『ブルー・ゴールド』は、感覚が麻痺するほど退屈なストーリーが24分間続く。

    「見なくても香りで分かる」と始まると、「その間違えようのない芳香が嗅覚を満たし、五感にしみ出し、たちまちうっとりするような香りで全身から力が抜けていく」といった具合だ。

    良質な眠りを誘う物語を書くコツは何か。本誌ローラ・ベネットがスミスに話を聞いた。

    writer02.jpg
    スミスは一風変わった場所で寝る体験を書く旅行ライターでもある WWW.PHOEBE-SMITH.COM

    人気ランキング

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

    • 4

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

    • 1

      国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:上級国民論

    2020-2・25号(2/18発売)

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!