Newsweek

  • HOME
  • for WOMAN
  • 1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

食物アレルギー

1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

2019年06月11日(火)17時20分
ニューズウィーク日本版編集部

    免疫システムが特定の食べ物に過剰な反応を示すのかは未だ解明されていない(写真はイメージ) margouillatphotos-iStock

    [2019年6月11日号掲載]

    食物アレルギーのある人は世界中で増えている。ただし、なぜ特定の食べ物に免疫システムが過剰反応するのかは解明されていない。疑われる原因は、抗生物質からビタミンDの不足、環境が清潔になり過ぎたという「衛生仮説」までさまざま。

    はっきり分かっているのは、わずかなアレルギー誘発物質でも深刻な反応が起き得ること、アナフィラキシー(短時間で全身に出る重いアレルギー反応)の有効な治療法はエピネフリン投与のみであること、偶然のアレルギー誘発物質摂取を避けるには教育が重要であることだ。アメリカの状況を見ると――。

    inww190611-509106504.jpg

    アレルギーの子が苦しむのは家族にとっても辛い(写真はイメージ)South_agency-iStock

    40%

    子供の食物アレルギー患者のうち、複数の食品にアレルギーのある子供の割合。


    250億ドル

    食物アレルギーの子供の世話にかかる年間費用の合計額。


    3分に1人

    食物アレルギー反応を起こした人が緊急治療室に運ばれている頻度。


    1/4万4000粒

    これほど微小なピーナツのかけらでも、重いアレルギーのある人は反応を起こす。

    人気ランキング

    • 1

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 2

      片付けの魔法で急増する古着ゴミ ガーナを悩ませる…

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 1

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 2

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 3

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 4

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

    2019-6・18号(6/11発売)

    「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!