Newsweek

  • HOME
  • for WOMAN
  • 1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

食物アレルギー

1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

2019年06月11日(火)17時20分
ニューズウィーク日本版編集部

    免疫システムが特定の食べ物に過剰な反応を示すのかは未だ解明されていない(写真はイメージ) margouillatphotos-iStock

    [2019年6月11日号掲載]

    食物アレルギーのある人は世界中で増えている。ただし、なぜ特定の食べ物に免疫システムが過剰反応するのかは解明されていない。疑われる原因は、抗生物質からビタミンDの不足、環境が清潔になり過ぎたという「衛生仮説」までさまざま。

    はっきり分かっているのは、わずかなアレルギー誘発物質でも深刻な反応が起き得ること、アナフィラキシー(短時間で全身に出る重いアレルギー反応)の有効な治療法はエピネフリン投与のみであること、偶然のアレルギー誘発物質摂取を避けるには教育が重要であることだ。アメリカの状況を見ると――。

    inww190611-509106504.jpg

    アレルギーの子が苦しむのは家族にとっても辛い(写真はイメージ)South_agency-iStock

    40%

    子供の食物アレルギー患者のうち、複数の食品にアレルギーのある子供の割合。


    250億ドル

    食物アレルギーの子供の世話にかかる年間費用の合計額。


    3分に1人

    食物アレルギー反応を起こした人が緊急治療室に運ばれている頻度。


    1/4万4000粒

    これほど微小なピーナツのかけらでも、重いアレルギーのある人は反応を起こす。

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:香港の出口

    2019-8・27号(8/20発売)

    拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!