Newsweek

トルコ

ドイツ議会がアルメニア人「虐殺」を認定、の意味

2016年6月3日(金)17時30分
シボーン・オグレイディ

    REUTERS

    <ドイツ連邦議会が1915年のアルメニア人迫害を「オスマン・トルコによるアルメニア人虐殺」だったと認定したことで、トルコ政府は激怒している。将来のEU加盟をにらみ、難民問題の解消でも協力してきたドイツだからこそ尚更だ。両国関係、ひいては欧州情勢にも影響を与えるだろう> 写真は、「虐殺」認定に感謝するアルメニア系ドイツ人

     トルコにとって、外国と揉めてばかりの1年だった。アメリカ政府はISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)掃討作戦の一環で、シリアのクルド人武装勢力と手を組んだ。彼らはトルコでテロを行っている勢力だ、と主張してきたトルコは激怒した。ロシアとの関係は、領空を侵犯したロシアの戦闘機を撃ち落とした昨年11月以降一気に冷え込んだ。さらにドイツのテレビで笑い者にされたと感じたレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、ドイツ人コメディアンのヤン・ベーマーマンを告訴した。

    【参考記事】トルコから名誉棄損罪で訴えられてわかったドイツの人権レベルの低さ

     そこへ再び衝撃が襲った。ドイツ連邦議会は2日、オスマン・トルコによる1915年のアルメニア人迫害を「ジェノサイド(虐殺)」だと圧倒的多数で認定した。エルドアン政権が何としてでも防ごうとしていた事態だ。

    欧州の歴史問題

     第1次大戦では最大150万人のアルメニア人が犠牲になった。この数字は実際より水増しされており、彼らは主として内戦の犠牲者だというのが、トルコの主張だ。

    【参考記事】オスマン・トルコで起きたアルメニア人虐殺とディアスポラ(離散)の過酷

     トルコ政府は直ちにベルリンから大使を召還。エルドアンは、この虐殺認定はトルコとドイツの関係に「深刻な影響」を及ぼすと語った。メブリュト・チャブシオール外相は、ナチスを連想させるようなツイートを投稿した。「他国の歴史に泥を塗っても、自国の歴史の暗部を消し去れるわけではない」
     
     トルコとドイツの関係は不安定な時期にある。EU(欧州連合)は今年3月に難民流入抑制策でトルコと合意した。欧州の難民をトルコが受け入れる代わり、トルコ人がビザなしでEU域内を旅行できるようにするというもの。EUはその強化を望み、トルコはこれがEU加盟への踏み台となることを期待している。

     ドイツから大使を呼び戻すのは、よいスタートとは言い難い。ドイツはトルコの最大の貿易相手で、3月の難民合意のとりまとめを指揮したのもドイツだ。ワシントンの戦略国際問題研究所のトルコ責任者、ブレント・アルリザは取材に対し、先週の議決が両国の長期的関係にどう影響するか、まだ判断するのは早いと言う。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

    • 3

      家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が進まない日本

    • 4

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 7

      「日本越え」韓国経済の落とし穴

    • 8

      貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

    • 3

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 4

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

    • 7

      日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損…

    • 8

      台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

    • 9

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 1

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 2

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 3

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      日本の重要性を見失った韓国

    • 7

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 8

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 9

      韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

    • 10

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由