土星

「土星の環は、小さな太陽系のようだ」とよくわかるアニメーション発表 

2021年4月6日(火)18時00分
松岡由希子

    土星の環は、小さな太陽系のようだった...... REUTERS/NASA/JPL

    <惑星科学者のジェームズ・オドノヒュー博士は、土星の環が土星を周回する様子が表現されたアニメーションを発表した...... >

    土星は、太陽から6番目に位置し、木星に次いで大きな惑星である。内側からD環、C環、B環、A環、F環といった環(リング)を持ち、土星を囲むドーナツ状の薄い輪のように見えるのが特徴だ。これらの環は、塵からバスくらいの塊まで、無数の多様な氷の破片や岩でできており、音速の約70倍の速度で土星を周回している。

    「土星の環は、小さな太陽系のようだ」

    アメリカ航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の元研究員で、現在、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に在籍する惑星科学者のジェームズ・オドノヒュー博士は、余暇を活用し、物理学や太陽系についてわかりやすく解説したアニメーションを制作している。

    動画投稿サイト「ユーチューブ」で2020年6月14日に投稿されたアニメーションでは、土星の環が土星を周回する様子が表現されている。

    The orbit(s) of Saturn's rings


    この動画によると、土星に近い環の周回速度は速く、土星から離れた環は遅いことがわかる。土星から最も近いD環は秒速23.2キロであるのに対して、外側のF環は秒速16.4キロであった。オドノヒュー博士は「土星に近い環は速く周回しなければ落ちてしまう一方、離れた環はゆっくりと移動できる。これは惑星と同じだ」とし、「土星の環は、小さな太陽系のようだ」とたとえている

    土星の環が高速で移動するにもかかわらず、環からわずか数メートルの近傍の氷は毎分2〜3センチしか移動しない。オドノヒュー博士は「近傍の氷の移動速度は30分に1歩程度なので、劇的な衝突にはならない」と解説している。

    土星の環を広げると、太陽系の惑星がすべておさまるほどの長さ

    土星の環は非常に長く、薄い。オドノヒュー博士が図であらわすとおり、これを広げると、太陽系の惑星がすべておさまるほどの長さになる。一方、その質量は、地球大気の3倍にすぎず、月質量のわずか5000分の1だ。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 2

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

    • 3

      中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

    • 4

      カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

    • 5

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 6

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 7

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 8

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 9

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 10

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 6

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 7

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 8

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 9

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 10

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像