女性問題

プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺害された若き女性の悲劇

2021年5月7日(金)18時30分
ニコール・ファラート
    ズルフィカル殺害事件の現場を捜査する警官

    殺人事件の現場となったアパートを捜査する警官 YouTube

    <パキスタンを訪れていた若い女性が銃殺された事件の容疑者は、プロポーズを断った彼女を執拗につけ狙っていた>

    パキスタン東部パンジャブ州の州都ラホールで、悲惨な殺人事件が起きた。女性1人が銃で殺害され、現地の警察は容疑者の男2人を捜索している。被害者の女性は、容疑者のうちの1人から受けたプロポーズを断わったと報じられている。

    ロンドン在住でロースクールの卒業生のマイラ・ズルフィカル(24)は5月3日、家族の結婚式のため滞在していたラホールの賃貸アパートの一室で、血だまりのなかで死んでいるところを発見された。BBCが引用している法的文書によれば、ズルフィカルはある男からプロポーズを受け、それを断ったために、その男を含む2人の男に脅されていたという。

    ロンドンでロースクールを卒業したズフィカル


    パンジャブ州警察のシドラ・カーン警視は報道陣に対し、検死報告の第一報を引用するかたちで、ズルフィカルは首と腕を撃たれたあとに失血死したと述べた。また、首も絞められていたと警察は考えているという。

    4月には拉致され暴行を受けそうに

    パンジャブ州警察のサイード・アリはニュースサイト「Dawn」に対して、「われわれは2人の容疑者を捜索しており、追ってさらなる詳細を発表する予定だ」と語った。5月5日時点で逮捕者はいないが、首都イスラマバードとラホールで捜索が続いていると、事件の捜査責任者はBBCに語っている。

    アリによれば、警察は監視カメラの映像を調べているほか、遺体のそばで発見されたズルフィカルの携帯電話の解析も進めているという。

    BBCによれば、ズルフィカルは殺害される数日前から、自らの命が脅かされていると警察に訴えていたという。4月20日の警察の調書によれば、ズルフィカルはその数日前にある男に銃を突きつけられて拉致され、性的暴行を受けそうになったと訴えていた。

    ズルフィカルは逃亡できたものの、男は彼女にこう言ったという。「逃げられると思うな。殺してやる」

    ズルフィカルは拉致事件のあと、警察に保護を求めたと報じられている。ラホールにあるズルフィカルの自宅近所に住む人たちによれば、警察はこの地区を訪れ、拉致に使われたとみられる車を捜索していたという。

    本誌紹介

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    本誌 最新号

    特集:ドキュメント 癌からの生還

    東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

    2021年7月27日号  7/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 2

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

    • 3

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 4

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 5

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 6

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 7

      「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

    • 8

      人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

    • 9

      マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

    • 10

      東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 4

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 5

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 6

      経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

    • 7

      ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

    • 8

      BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

    • 9

      東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

    • 10

      五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

    • 1

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 2

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 3

      閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

    • 4

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 5

      「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

    • 6

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 7

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 8

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 9

      ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

    • 10

      テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】熱帯化するイタリアの田園