World Voice powerd by Newsweek

ベトナムと日本人

ヨシヒロミウラ|ベトナム

ベトナムは新型コロナ第二波の抑え込みも成功するのか?

新型コロナウイルス第一波・第二波の時もこのビルは感染拡大防止をビル全体のイルミネーションでずっと注意喚起していた。ハノイのミディンにあるサンシャインセンター(撮影:筆者)

新型コロナ第一波~ ベトナムは新型コロナ抑え込みの優等生

Hanoi_Covid19_2.jpg(2020年3月31日筆者撮影)

ベトナムの新型コロナウイルスの第1波(2020年1月23日-4月23日)は政府の徹底した国全体での社会隔離政策で感染者数288名、死者はなんと0名で新型コロナを封じ込める事が出来た。

筆者は新型コロナウイルスの感染拡大の第一波をベトナムの首都ハノイで経験したが、私が見たのは嫌がる国民をベトナム政府が強引に厳しい社会隔離政策を実施したわけじゃなく、厳しい社会隔離を望んで早く新型コロナを封じ込めたいと思っている国民の姿だった。

私が日本語を教えている公立学校のほとんどの父兄も、学校を閉鎖するかどうか政府が会議を開いている時点で、もし学校閉鎖が実施されなくても、絶対に自分の子供は学校に行かせないと決めていた。

国民たちは経済が悪くなったとしても新型コロナウイルスを封じ込める事が先決と考えていたから、政府の厳しい社会隔離政策はむしろ歓迎し、共に戦うつもりでいたように見受けられた。私も政府の厳しい政策に安心を感じ、「ベトナムにいて良かった」と思いました。

なので今回はベトナム国民の政府への評価がとても高かった。

筆者の周りにいるベトナム人も総じて厳しい新型コロナの拡大防止策を取れる自分達の国、ベトナムを誇りに思っているようだった。

当時は周りの多くのベトナム人に「なんで日本は社会隔離をしないの!?早くしないと被害が大きくなるよ!」と多くのベトナム人に言われました。

daotan_20200405.jpg(撮影日2020年4月5日 筆者撮影)

上の画像は2020年4月5日のロッテセンターがあるハノイのダオタン通り。

普段は交通渋滞中のこの道路が、テト(旧正月)でハノイから故郷へ人々が帰った時のように車もバイクも無かった。

筆者もこの当時は週に1-2回スーパーへ食料買い出しに外出するだけだった。まさに不要不急の外出を国民全員が控えていた。

Profile

著者プロフィール
ヨシヒロミウラ

日本語教師。北海道江別市出身。2017年に国際交流基金日本語パートナーズとしてハノイに派遣され、すっかりベトナムが好きになり、そして定住。個人ブログ「ベトナムの日本人」と北海道江別市の情報ブログ「江別市民ブロガーズ」も運営。えべつ観光特使として北海道江別市の納豆をベトナムへ輸出のコーディネイト。ベトナムと北海道を江別市から繋げています。Twitter:@VietnamNihonjin

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ