Newsweek

保坂修司

イスラーム世界の現在形

ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

2018年10月22日(月)18時15分
    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

    イスタンブールのサウジアラビア領事館に入っていくジャマール・ハーショグジー(ジャマル・カショギ)の映像 Reuters TV/via REUTERS

    <メディアを騒がせている、トルコで殺害されたサウジ人ジャーナリストの名前表記が本来の発音から相当かけ離れている。メディアの皆さん、何とかなりませんか>

    「ギョエテとはオレのことかとゲーテいい」というコトバがある。ドイツの文豪ゲーテを日本語でどう表記するのかについては明治以来、いろいろな試みがあり、結局ゲーテに落ち着いたのだが、なかにはギョエテのように本来の発音からはだいぶ乖離してしまうケースも少なくなかった。

    プロフィール

    プロフィール

    保坂修司

    日本エネルギー経済研究所研究理事。
    慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界はこう見る日韓不信

    本誌 最新号

    特集:世界はこう見る日韓不信

    徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

    2019年1月29日号  1/22発売

    人気ランキング

    • 1

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 2

      エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

    • 3

      「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

    • 4

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 5

      偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

    • 6

      「壁」なんてくだらないと、トランプ支持者が怒りは…

    • 7

      ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

    • 8

      タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 1

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 2

      エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

    • 3

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

    • 6

      北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

    • 7

      「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

    • 8

      人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

    • 9

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 10

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

    • 1

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

    • 2

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 3

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 4

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 5

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 6

      オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    • 7

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 8

      アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

    • 9

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 10

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい