Newsweek

川上泰徳

中東ニュースの現場から

トランプ政権がパレスチナ難民支援を停止した時、40カ国が立ち上がった

2018年12月13日(木)11時03分
    トランプ政権がパレスチナ難民支援を停止した時、40カ国が立ち上がった

    Yuri Gripas-REUTERS

    <2018年、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は危機的状況に陥ったが、それに対し国際社会での支援が広がった。クレヘンビュール事務局長が激動の一年を振り返る>

    今年、パレスチナ問題は大荒れとなった。発端は昨年12月にトランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブにあった米国大使館をエルサレムに移すと発表したことである。

    プロフィール

    プロフィール

    川上泰徳

    中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)。最新刊は『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。
    ツイッターは @kawakami_yasu

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

    • 3

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

    • 4

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 5

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 6

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 7

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 8

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 9

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 10

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

    • 3

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 6

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 7

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 8

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 9

      韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

    • 10

      性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 6

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 7

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 8

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい