Newsweek

川上泰徳

中東ニュースの現場から

ネタニヤフ続投で始まる「米=イスラエル=サウジ」のパレスチナ包囲網

2019年04月17日(水)11時45分
    ネタニヤフ続投で始まる「米=イスラエル=サウジ」のパレスチナ包囲網

    3月にホワイトハウスで会談をしたトランプ米大統領とイスラエルのネタニヤフ首相 Carlos Barria-REUTERS

    <トランプ米大統領がゴラン高原にイスラエルの主権を認め、イスラエル総選挙でネタニヤフが勝利した。この背景にはアラブ諸国による「イスラエル擁護」の動きがある。ネタニヤフの「ヨルダン川西岸の入植地併合」が、新たな中東危機を引き起こす――>

    4月9日に行われたイスラエル総選挙で、ネタニヤフ首相が率いる中道右派政党リクードが右派・宗教勢力を率いて国会の過半数を制する結果となり、首相の5期目続投がほぼ確定した。

    ネタニヤフ氏は選挙終盤で、ヨルダン川西岸にあるユダヤ人入植地をイスラエル領に併合することを公約しており、今後、中東和平をめぐる波乱は避けられない状況だ。

    イスラエルの有力紙ハアレツは、ネタニヤフ首相の今後の2つの課題として、(1)汚職容疑の訴追の回避、(2)トランプ政権と協力しての入植地の併合――を挙げて、「主権と引き換えの免責」としている。

    つまり、1967年の第3次中東戦争で占領したヨルダン川西岸に建設された100カ所以上のユダヤ人入植地を併合して、自国の主権下に置く政策を進めることで、入植者を支持基盤とする右派政党を連立に取り込み、その見返りとして、首相の訴追を免責する法案を成立させようとするのではないかという見方だ。

    占領地の併合は国際法に反するが、それが現実味を帯びているのは、歴代の米国大統領の中でも極端にイスラエル寄りのトランプ大統領の存在があるからだ。

    トランプ氏は3月下旬にネタニヤフ首相をホワイトハウスに招き、第3次中東戦争でイスラエルが占領したシリア領のゴラン高原について、イスラエルの主権を認める宣言に署名した。この動きはイスラエル総選挙を前にネタニヤフ氏を支援する意図があったと解釈されている。

    トランプ米大統領が「世紀の取引」和平提案を行う?

    トランプ大統領はイスラエルの選挙の後に、自ら「世紀の取引」と称するイスラエル・パレスチナ和平提案を行うと言われている。ハアレツ紙は「ワシントンから流れてくる和平提案についての噂によると、イスラエルが西岸のほとんどの入植地、イスラエル軍の拠点や無人地帯を包含するC地区を保持するとされている。もし、パレスチナ人がその和平案を拒否すれば、米国はイスラエルによる(西岸での)併合を、ゴラン高原の併合と同様に支持することになるだろう」と書いている。

    トランプ大統領が和平案を出すという話は2017年秋から出ていた(参考記事:エルサレム移転を前に報じられる驚愕「トランプ和平案」の中身)。トランプ大統領と友好関係を維持しているサウジアラビアのムハンマド皇太子がパレスチナ自治政府のアッバス議長を呼んで、受け入れの説得をしたとされる。

    同年12月初めに米紙ニューヨーク・タイムズは議長と皇太子の会談について、「ムハンマド皇太子はアッバス議長に、それまでのどんな米国政府の案よりもイスラエル寄りで、どんなパレスチナの指導者も受け入れることができないような和平案を提示した」と書いている。

    議長は2018年1月に西岸のラマラで開かれた、自ら主導する政治組織ファタハの中央委員会で演説し、「トランプ大統領の和平案は『世紀の屈辱』だ」と拒否する姿勢を見せた。

    プロフィール

    プロフィール

    川上泰徳

    中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
    ツイッターは @kawakami_yasu

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 2

      過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

    • 3

      ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」

    • 4

      2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

    • 5

      ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

    • 6

      トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

    • 7

      私の娘だけ差別する義母──汚れた使い古しの贈り物に…

    • 8

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 9

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 10

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 1

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 6

      仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

    • 7

      【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

    • 8

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 1

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 2

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 3

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 4

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 5

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と