Newsweek

李小牧(り・こまき)

元・中国人、現・日本人

決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

2017年12月23日(土)19時38分
    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

    新しく設置された天然ガス管の下に石炭が積み上げられている(河北省の村、12月5日) Thomas Peter-REUTERS

    <日本は遅いが、中国は早い。中国北部の冬の名物といえば「PM2.5」だったが、先日訪れた北京には青空が広がっていた。暖房を石炭から天然ガスへという政府の政策が早くも成果につながったようだったが......>

    最近、月に1度は中国を訪問している私だが、冬の中国北部はどうも気が進まない。日本でもすっかり定着した言葉だが、「PM2.5」が辛いからだ。

    プロフィール

    プロフィール

    李小牧(り・こまき)

    新宿案内人
    1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI 新局面

    本誌 最新号

    特集:AI 新局面

    仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

    2018年2月20日号  2/14発売

    人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

    • 5

      宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

    • 6

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      英ネズミ捕獲長ラリーはサボってる? 立場を脅かす…

    • 9

      友達の多い貧乏人、友達の少ないお金持ち

    • 10

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 6

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

    • 9

      日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

    • 10

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 6

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    • 9

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい