Newsweek

大場正明

映画の境界線

東ドイツの「過去の克服」を描く『僕たちは希望という名の列車に乗った』

2019年05月16日(木)17時00分
    東ドイツの「過去の克服」を描く『僕たちは希望という名の列車に乗った』

    若者とその親たちが過去と向き合う『僕たちは希望という名の列車に乗った』(c)Studiocanal GmbH Julia Terjung

    <戦後の西ドイツでナチスという負の遺産と正面から向き合った実在の検事フリッツ・バウアーに光をあてた『アイヒマンを追え!』の監督が、今度は東ドイツの「過去の克服」を描く>

    プロフィール

    プロフィール

    大場正明

    評論家。
    1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
    ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 2

      韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 5

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

    • 8

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

    • 1

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 5

      韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

    • 6

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    • 7

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

    • 10

      日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    • 10

      韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる