Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

アマゾン破竹の勢いと、忍び寄る独禁法の影

2017年08月23日(水)10時16分
    アマゾン破竹の勢いと、忍び寄る独禁法の影

    利益を消費者に還元しながら成長してきたベゾス Shannon Stapleton-REUTERS

    アマゾンの勢いが止まらない。売上も株価も急成長を続けており、米国のEC(電子商取引)市場の1/3は、アマゾンが占めているという報告もある。一方で、ここまで強くなると、独禁法に抵触するのではないかという意見も出てきた。

    なぜ強いのか

    アマゾンはなぜこんなに強いのだろうか。アマゾンには2つの大きな戦略の方針があるといわれている。1つは顧客中心主義。もう1つは、弾み車だ。

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    ITジャーナリスト。
    新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 3

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

    • 4

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 5

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 6

      銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

    • 10

      銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 4

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

    • 5

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 6

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 7

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 10

      食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 7

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 10

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい