Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?(TransTech Conferenceから)

2019年02月07日(木)18時00分
    瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?(TransTech Conferenceから)

    瞑想方法は人それぞれ。水泳、サーフィンも効果があるかもしれない Jacob Ammentorp Lund/iStock.

    エクサウィザーズ AI新聞から転載


    恐れが少なく「どんなことがあっても自分は大丈夫だ」という基本的幸福感(fundamental well being)を保つということは、どういう状態なのだろうか。米ソフィア大学のJeffery A. Martin教授が、悟っている人、基本的幸福感を持っている人を2500人以上調査した結果、前回の記事に書いたように、悟り(心理学用語では「継続的非記号経験=PNSE」)に達した人には共通の体験があり、悟りには一定の継続的な段階があることが分かった。同教授はまた、PNSEに入る前と入った後の変化を調べるために、オンラインの瞑想プログラムを開発。同プログラム受講者の7割が4カ月でPNSEに入ることができたという調査結果を発表している。悟りはごく少数の修行者だけが到達することのできる境地と思われがちだが、同教授は「自分に合った瞑想方法とさえ出会うことができれば、ほとんどの人が短期間にPNSEに入ることができる」と語っている

    「継続的幸福感」が悟りへの入り口

    前回の記事を読んでいない人にとっては、ほとんどの人が悟りに入れるという話は、にわかに信じがたいことだろう。一般的な日本人がイメージする「悟り」とは、我欲の一切ない仙人のような人も心の状態なのかもしれない。しかし前回の記事にあるように、仙人のような境地はPNSE(「悟り」を意味する心理学用語「継続的非記号経験」)の4段階目以降。最初の3段階は、いわゆる人間らしさが残っている段階だ。

    ではPNSEに入っている人と、入っていない人では何が違うのか。根本的に違うのが、心の奥底にある感覚。PNSEに入っていない人の心の根底には「欠乏感」「恐れ」があり、入っている人には「常に満たされた感覚」「根本的幸福感」があるのだ、と同教授は指摘する。

    ここで重要なのが「常に」という表現。人生は山あり谷あり。でもたとえ悲しい出来事が起ころうとも、心の奥底には静かな幸福感が流れていて、他人や運命を責めることはない。そういう幸福感が「根本的幸福感」であり、そういった幸福感を常に持つには、雑念が少なく心が澄み渡っている状態でなければならない。PNSEに入った人に共通する体験として、「雑念が大幅に少なくなる」というものがあるが、雑念のない心静かな状態だからこそ、心の奥底にある幸福感を味わうことができるのだろう。

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 8

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 9

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 10

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇