Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

日本は2度めのニクソン・ショック(米中正常化)を警戒せよ

2017年02月02日(木)18時15分
日本は2度めのニクソン・ショック(米中正常化)を警戒せよ

日本は為替を円安に誘導してきた、というトランプの発言を伝える昨日のテレビ番組 Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<今は中国と日本の両方を非難しているトランプだが、貿易や南シナ海や台湾問題を全部絡めた「グランド・バーゲン」で、いつ中国と手打ちをするかわからない。攻めの外交が必要だ>

人気記事はこちら

プロフィール

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:国際情勢10大リスク

本誌 最新号

特集:国際情勢10大リスク

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

2017年5月 2日号  4/25発売

人気ランキング

  • 1

    フランス海軍艦艇が佐世保入港、日米英と訓練 北朝鮮をけん制

  • 2

    米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

  • 3

    北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射 同国内陸部に落下し失敗か

  • 4

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 5

    北朝鮮問題で安保理会合、米国「今こそ行動すべき」

  • 6

    フランス大統領選挙―ルペンとマクロンの対決の構図を…

  • 7

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 10

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 7

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい