Newsweek

土屋大洋

サイバー攻撃にミサイルで対抗──イスラエルはサイバー・ルビコン川を渡ったか

土屋大洋

阻止されたロシアによる選挙介入──攻勢に転じた米国サイバー軍

土屋大洋

ファーウェイ問題の深淵:サイバースペースで前方展開する米国

土屋大洋

現代の模範村、中国・烏鎮(ウーチン)で開かれた世界インターネット大会

土屋大洋

ビル・クリントンが書いたサイバー攻撃をテーマとした小説『大統領失踪』

土屋大洋

外交の長い道のり──サイバースペースに国際規範は根付くか

土屋大洋

インド工科大学で聞いた「インドでAIの呪いは起きるのか」

土屋大洋

プーチンが語る「デジタル・フリーダム」

土屋大洋

AIはだませる?──サイバーセキュリティにAIを使う期待と不安

土屋大洋

サイバー攻撃を受け、被害が出ることを前提に考える「レジリエンス」が重要だ

土屋大洋

ついに行われた米国サイバー軍の昇格 自衛隊はついていけるのか

土屋大洋

ロシアでサイバーセキュリティが議論されない理由

土屋大洋

ハックされた世界秩序とサイバー・ドラゴンの台頭

土屋大洋

IoT(Internet of Things)の次、IoB(Internet of Bodies)への警告

土屋大洋

サイバー攻撃を押しとどめる抑止理論はまだ見つからない

土屋大洋

米国サイバー軍の格上げはトランプ大統領の心変わりを示すのか

土屋大洋

クロスドメイン(領域横断)攻撃は、戦闘を第二次世界大戦時に立ち戻らせる

土屋大洋

インテリジェンス機関をもてあますトランプ大統領

土屋大洋

日本関連スノーデン文書をどう読むか

土屋大洋

暴露が続くアメリカ政治――ロシアが仕掛ける「情報攻撃」

プロフィール

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。